BLOG

ブログ

靴の磨き方

靴の基本的な磨き方をご紹介したいと思います。

1、ブラッシングしてほこりや汚れを落とす 

 靴紐を外してシューキーパーを入れます。

 ブラシを使いブラッシングしてゴミや埃を落とします。

 靴磨きのブラシには馬毛(柔らかい)と豚毛(固い)の2種類あります。

 埃落としや繊細なコードバンやスウェード地を磨く際には柔らかい馬毛を使います。

2、汚れ落としクリーナーを使い汚れや古いクリームを落とす

 汚れ落としクリーナーは水性のもの、クリーム系のものでも大丈夫です。汚れや古いクリームを落としていきます。

3、靴クリームを塗り込み栄養補給

 出来れば、乳化靴クリームを塗り込む前にデリケートクリームと呼ばれるクリームを使うと。良いようです。

 スキンケアで言う乳液みたいなモノで保湿を高めヒビ割れなどから守る役割をしてくれます。

 靴クリームをベネトレイトブラシという小さなブラシを使って薄く全体に塗り込むか、手を汚しても良ければ、

 ブラシを使わずに指でクリームを取って塗っていくのもいいと思います。

 クリームはあまりつけすぎても層があつくなりひび割れなどの原因になることもあるので、片足につき、

 米粒一粒ぐらいで大丈夫です。黒以外の革靴には、ニュートラル(無色)の物を使うといいいです。

 茶色など色物のクリームをお使いになる場合は靴の色よりも薄い色を使うといいです。

4、ブラシをつかって靴を磨き上げる

 豚毛のブラシで靴全体を磨き上げていきます。

 クリームをしっかりと伸ばして、余分なクリームを落としながらツヤ出しします。

 この時に使うブラシは、汚れ落としで使った物とは別のもので、また、黒色靴用、茶色靴用で使い分けるといいと思います。

5、専用のグローブを使って仕上げ作業

 ツヤ出し専用のグローブクロスやキメの細かい布を使って、更に余分なクリームを取り除きつつ磨き上げていきます。

6、油性ワックス(ポリッシュ)で鏡面仕上げ

 靴をより光らせたい時は、最後に油性のワックス(ポリッシュ)を使います。

 つま先やかかとの固い部分、サイドの下の方だけいれます。

 1~5までの磨きは当店で税込み1100円で承っております。鏡面磨きは別途3300円頂いております。

 一度御相談ください。お待ちしております。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 靴の磨き方